武末法律特許事務所

債務整理の相談をする際、良いコミュニケーションが不可欠です。福岡にある武末法律特許事務所は打ち合わせを密にし、相談者の意図を理解してくれる事務所です。

 

この事務所は武末昌秀弁護士と事務員2,3人の少数先鋭の個人事務所です。個人事務所は情報に乏しかったり、複数による協議ができない…というイメージがありますが、全く違います。個別だから、個々に向けたこそきめ細やかな応対と法サービスを提供することができるのです。また個人のネットワークから幅広い専門的な情報を収集できるので、こういった点を不安に感じる必要はないでしょう。
武末弁護士自身は弁理士でもあり、最新の知識と正確な対処が求められる知的財産権や特許事件においても活躍されています。東京で約10年、その後福岡弁護士会へ登録換をして合計37年のキャリアを持っている大ベテランです。経験と実績は申し分ないのではないでしょうか?

 

それでは債務整理の武末法律特許事務所の対応を見てみましょう。

 

◆その場限りの方法は取りません!
まずは相談を行ないます。電話で予約するか、時間外はホームページから24時間予約することもできます。面談の際は依頼者の状況を聞き取り、最善の方法と希望に応じた方針を取り決めます。その際、過払い金請求のみといったその場がしのげるだけのことは行ないません。あくまで依頼者の生活の立て直しに焦点当てた解決策を提案します。その後依頼することもできれば、相談だけにしておくこともできます。
依頼することが決まったら契約書を作成し、報酬金と債権者一覧がそろい次第受任の通知を出して取り立てをストップさせます。
弁護士に依頼するメリットの一つは代理人になれることです。手続上裁判所に申し立てる際は弁護士が行なってくれます。事情によっては出廷して審問がある場合もありますが、そういった場合でも必ず弁護士が同行してくれるので安心です。ただでさえ神経をすり減らす債務整理、こうして少しでも負担が減ると良いですよね。

 

◆費用はどれくらいかかるの?
事案によって異なるといっても弁護士にかかることなんてそうそうありません。相場も何も分からないままだと不安ですよね。武末法律特許事務所の弁護士費用の一例を見てみましょう。
まず相談料は30.分5000円、自己破産は20〜25万円、個人再生は30〜35万円です。規模によって割増しがあったり家族で同時に行なう場合は割引があったりします。また別途実費として2〜5万円必要になったり、遠方の場合は日当交通費がかかります。しかし3回までの分割払いや援助制度の法テラスも利用できるので安心してください。

 

人との関わりなので個人的な相性はあるかもしれません。しかし相互の信頼関係を何よりも大切にしている武末法律特許事務所だったら安心してまかせられるのではないでしょうか。

 

武末法律特許事務所の概要

 

弁護士 武末 昌秀 〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目10番1号
シャンポール大名A1007号