弁護士さんは借金問題をどう解決してくれる?

弁護士に頼むと任意整理も話が早い

弁護士さんは借金問題をどう解決してくれる?

借金が膨らんだ多重債務状態と言えば、自己破産などの債務整理をイメージします。破産や民事再生は裁判所で複雑な手続きをしないといけません。賭博や飲み代が原因なら認められないこともあります。それを思うと憂鬱になる債務者も少なくないです。
借入額、滞納額があまりにも多ければ破産するしかないでしょう。しかし、任意整理で無理なく残債務を返済することも可能です。

 

任意整理は裁判所をとおさずにできる債務整理なので、かなり自由度が高く心理的な負担も軽いです。弁護士さんに相談すれば、まずは任意整理で解決できるかを考えてくれるはずです。代理人として依頼すれば、基本的に以後の手続きを任せきりにすることもできまので、交渉が苦手な人や時間がない人でも安心です。自己破産や民事再生ではそうはいきません。

 

弁護士さんが行う任意整理の流れとしては、消費者金融や銀行のキャッシング、カードローンなどで借入れたお金の残高を確定させることろから始まります。これには、各社から取引履歴の開示を受けるのが一般的です。取引履歴は本人が請求しても良いですし、弁護士事務所に依頼することもできます。
開示された資料をもとに利息制限法の上限利率で引き直しと呼ばれる計算をします。その後、依頼人が月々支払い可能な金額をベースに、長くて3年程度で完済できるように、無利息を前提として残金の返済方法の交渉をします。その際、依頼人の負担が大きいようなら、大胆な借金減額交渉もしてもらえます。

 

知識も経験も乏しい個人が交渉するのとは違い、ノンバンクなどの借入先も、法律のプロである弁護士からの申し入れには譲歩する度合いが大きいものです。
ただし、稀に悪徳弁護士が存在しており、被害に遭う人がいます。たとえば、いい加減な交渉で結局なんの解決にもならなかったとか、弁護士に預けた返済資金を着服されたとかです。ですので、信頼できる弁護士に依頼する必要があります。

 

そのためには、リヴラ総合法律事務所のように実績のある法律事務所を探すことから始めてください。

  • 2016/02/21 01:53:21