買い物 ショッピング クレジットカード

 

クレジットカードにあるショッピング枠とは?

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能が付いており、それぞれ買い物をする機能と借金をする機能があります。そのうちショッピング枠とは、買い物で使える枠の事です。基本的には通常の買い物で使いますが、ネットショッピングでも同じように加算されていき、支払いはリボ払いや一括払いを選ぶこともできます。ショッピング枠の支払いをリボ払いにすると、基本的には利用した金額に関係なく、毎月分散されて支払うことになり、6000円から10000円程度の金額に分散されるのが一般的です。この場合に注意すべきはカードの利用残高で、想像以上に使いすぎてしまっていると支払いが長期化して負担が大きくなってしまうため、お金の管理能力が大切です。無理にカードを使って買い物をしないようにし、一括で毎回支払うように心がければカードを使いすぎて任意整理をしなければいけなくなるようなことはなくせるはずです。

毎月支払いができればよい

一括で必ず支払わなければいけないわけではなく、分割であってもしっかり管理して毎月少しずつ支払いができていれば全く問題はありません。信用情報としてもきちんとカードが利用されていれば、むしろ信用向上につながるため、お金の管理をして支払いを怠らないようにしましょう。場合によっては利用限度額を上げてもらえる場合やキャッシングの増額審査を勧められる場合もあります。クレジットカードを使うのがいけないのではなく、お金の管理もしながらショッピングをしていれば任意整理をするほどまでに借金が膨らむこともありません。キャッシング枠についてはあまり多用していると信用情報を照会されたときに、ローンとしてどう判断されるか不明な点もあるので、借りたとしてもできるだけ早く返済しきれるようにしましょう。理想はカードに頼った分のお金は一括払いにすることですが、リボ払いや分割払いでも決して悪いことはありません。支払えてさえいればよいということを考えて、自身の身の丈に合ったお金の使い方を意識しましょう。

任意整理や特定調停になる可能性がある

クレジットカードのキャッシングやカードの支払い不能になってしまった場合には、基本的に任意整理や特定調停という手法で、債務整理をすることになります。借金が大きくなってしまっても、それぞれの収入に合わせて、支払いペースを計画し直すような手続きで、自己破産をするよりは信用情報を傷つけずに済む方法です。借りたお金はしっかり支払う必要があるため、お金に関する考え方や使い方もよく学んで、生活再建を進めていきましょう。任意整理は、整理して得られた経済的利益の10%から20%程度と着手金を弁護士に支払うことになりますが、それほど依頼費用が高くなりすぎることはありません。弁護士のやさしさで成功報酬や着手金の支払いを分割にしてくれる事務所もあるため、依頼する事務所選びもしっかり考えておきましょう。