公共料金 クレジット 家電 ローン

 

公共料金滞納はローン審査に影響する

電気やガス料金の滞納が何度も続く場合には、クレジットカードやローンの審査にも影響し、支払い能力がないものと判断されてしまいます。それでも半年から1年程度しっかりと支払いをしていれば審査に通過できる会社も出てくるため、公共料金の支払いは怠らないようにしなければいけません。急にお金が必要になってキャッシングを頼りたい場合でも、公共料金を半年以上真面目に支払わないと審査に通れないとなれば、金銭的な窮地を乗り越えるのは難しいでしょう。急に家電が壊れてしまった場合にもローンが組めれば何とか買い替えられますが、公共料金を滞納した履歴が多くあれば、冷蔵庫や洗濯機が買えない状況になってしまう可能性もあります。公共料金の支払い履歴も、ローン審査へ影響する信用情報のひとつなので、日ごろから気を付けておくとよいです。常に支払いを滞らせないでいれば、いざというときに生活に穴を開けなくて済むため、お金に余裕があるときにカードローンなどの審査に通過しておくのも大切です。任意整理をする場合、整理する借金を選べるので、カードローンを任意整理に入れないでおけば、窮地にも支えになってくれるはずです。

公共料金のクレジット払いを滞納してもローン審査に影響する

金融機関にローンを申し込むときに、「個人信用情報機関」というところに、ローン申込者の「個人信用情報」を照会します。そこには、その個人の信用情報が記されています。その人の過去のお金の支払い履歴をもとにして、信用できるか信用できないかを判断していくもので、公共料金や税金の納付については、もし滞納があったとしても、この「個人信用情報機関」にはその旨の登録はされることはありません。しかし、料金をクレジットカード払いで行っているならば、個人信用情報機関に登録され、滞納していれば信用情報にも影響が出てきてしまいます。公共料金の支払いをクレジット払いで行っている場合は、残高不足で引き落としができないと信用情報に傷がつき、将来的にローンが組めなくなるという可能性も出てきます。最悪の場合、クレジットカードの利用が止まってしまうこともあるため、口座管理も計画的に行いましょう。銀行口座から支払いをする場合には、口座の自動融資を設定しておけば、万が一残高不足になっても料金が支払えなくて困ることはありません。お金の管理や公共料金の支払い方法は種類も多くあるので、お金のEQやIQも学んで上げていきましょう。