家電 引っ越し ローン 任意整理

 

任意整理後、ローンを組むことはできるか?

任意整理とは、裁判所が関与しない債務整理の手続きで、借金をしている人やその代理人(弁護士や司法書士など)が貸金業者と交渉をし、毎月無理のない金額に分割して返済しやすくしていく手続きです。ただし、任意整理を行うと、その後の5年程度は信用情報機関に事故情報として登録され、いわゆるブラックリスト入りするので、その間に新規の借入れやクレジットカード発行、新規カードローン契約・キャッシング契約はできなくなります。そのため、住宅購入や太陽光発電パネル購入をはじめとし、さまざまなものをローンで購入することは難しくなります。任意整理を行うとしばらくはローン審査、クレジットカード審査を受けることはできても通過することはほぼできません。その際の判断は審査する会社の裁量によるため、まれにブラックリストに入っている状態でも審査に通過できることもありますが、それも海外の審査会社が審査を行う場合であてにはできません。任意整理後は借金に頼らなくても済むような生活を求められるため、家電を購入したり、引っ越しをしたりする場合も現金一括払いが基本になるので注意しましょう。クレジットカードや他の契約中のローンについて債務整理をしない場合は、それらのサービスはそのまま使い続けられることもあるため、銀行のカードローンなどは継続して使えるかもしれません。

引っ越しでも情報は残る

任意整理をした後のブラックリストを早く消したいと思ってもほぼ不可能です。ある程度年月が過ぎれば、家電の購入や引っ越し時の費用、引っ越し先の信用審査なども十分通過できますが、支払い中の引っ越しは適正な理由がなければ多くの場合弁護士に止められます。引っ越しをして情報を消したいと思ってもほぼ不可能で、名前も住所も戸籍から削除するくらいのことを考えなければ支払いの義務が消えることはありません。任意整理は、無理のない金額を5年ほどかけて分割払いに変更する手続きなので、家電の購入や引っ越しなどで生まれたローンの任意整理やそれらと同等の金額のローンであれば、支払いできなくなって生活が苦しくなることはまずありません。どうしようもない場合は、自己破産を選ぶことになりますが、任意整理を選んだ方が信用情報を守るという視点では良いでしょう。仕事の都合や家族の事情がある場合には引越しすることもできますが、支払いの義務がなくなることはないので、引っ越し費用や引っ越しした後の生活でも無理がないように事前に計画的にお金の管理をしていきましょう。