旅行 盗難 キャッシング カード 補償

 

海外でのクレジットカードの盗難でキャッシングは保証されない

海外で何者かにクレジットカードを盗まれ、不正でキャッシングをされた時、どうしたらよいのでしょうか?クレジットカードには盗難や紛失したときに補償されるように保険が付帯しているから安心だとお考えですか?実は、それはあくまでもショッピング枠に限るものなので、不正利用されたクレジットカードに関しては補償の対象になりますが、キャッシングの不正利用は補償の対象にならない場合がほとんどです。キャッシングは「暗証番号取引」なので、ATMから現金を引き出す際に本人しか知らない暗証番号を入力しなければなりません。不正利用の代表の「スキミング」でクレジットカードを偽造したとしても、カードの中には暗証番号の情報は一切入っていないので、偽造できていてもATMからキャッシングすることは不可能です。ですから、キャッシングするためには、本人しかわからない暗証番号を入力する必要があるので、不正利用をすることはできないというカード会社の判断により、キャッシングの不正利用に関しては補償をしない場合がほとんどです。

海外旅行中にクレジットカードを紛失してしまったらどうするか?

海外旅行中にクレジットカードを紛失したら、すぐに不正利用の専用窓口に連絡してクレジットカードの利用停止をしてもらいましょう。専用窓口はたいていクレジットカードの裏面に電話番号が書かれています。ですから、携帯電話などに書き留めておかないと、いざというときにすぐに連絡することができません。また、海外旅行から帰国したら一ヶ月ぐらいは小まめにキャッシングが不正利用されていないかチェックしてください。あるいは、キャッシング枠をゼロにしてみるのもいいでしょう。クレジットカードの規定によると、不正利用が発覚した日からさかのぼって60日以内が調査対象となっています。万が一の不正利用も早期発見が非常に大切なので、確認を怠らないようにしましょう。60日以降はカード規定にも明記されているように、保険適用外になっているのでたとえ補償に該当していたとしても取り合ってくれないので気を付けましょう。クレジットカードの補償は旅行時の保険、または。ショッピング利用時の補償がほとんどで、キャッシング利用の補償をしているクレジットカードはほとんど無いのが現実です。クレジットカードでキャッシングを不正に利用された場合には、カードローンの利用規約と同じような対応か補償対象外となるので、盗難にあってもすぐに利用停止申請をすることが大切です。