旅行 クレジットカード 一括 ローン

 

旅行で使いすぎたクレジットカードの無理がない返済方法とは?

旅行でクレジットカードを使用すると、無計画に使ってしまうと想像以上にカードを使ってしまっていて、返済に苦労するという事例は多いです。一括払いで払える金額ではない場合は、他行のローンで一時的に支払うか、リボ払いに変更をするか、または、無理をしてでも現金で一括払いをするしかありません。毎月の返済額を一定額に抑えられるリボ払いは便利ですが、返済期間が長く、手数料の負担が重いというデメリットもあります。家計の苦しい時期を乗り切ったら、返済額を増やしたり、臨時返済をしたりして、早く返済を終わらすことがベストな道と言えます。ローンを利用するよりはリボ払いにして、債務整理を避けた方が安全です。そういった方法もダメな場合にはおまとめローンなどで一括で支払って、毎月の支払いの負担を減らすとよいかもしれません。旅行前から計画的に管理できれば良いですが、旅行中に事故や盗難などのトラブルに遭った場合には、ローンやカードを利用するのも仕方ないことなので、支払い方法には特に注意して便利な決済方法を頼りましょう。

毎月の返済額を抑えることができるリボ払いとは?

あまり現金を持ち歩きたくない旅行先では、クレジットカードの利用が増えてきます。支払いの一つの方法であるリボ払いは、利用金額やその件数にかかわらず、毎月ほぼ一定額(5,000円〜数万円程度)を返済していく支払方法です。多くのクレジットカード会社が、一括払いでクレジットカードを使った分でも、後日リボ払いに変更できるサービスがあります。ですから、もし利用残高が膨らんでしまい、今月は家計を圧迫すると判断できた場合には、早めにリボ払いへ変更して負担を減らしましょう。これで支払いの負担が減り、延滞することはなくなりますが、リボ払いは金利として実質年率10〜15%程度の手数料がかかってきます。毎月の支払額が少なければ返済期間はそれだけ長くなり、負担する手数料は重くなってくることを理解したうえで利用しましょう。また、リボ払いの返済中にクレジットカードの利用を重ねていけば、毎月のリボ払いの返済に加えて、通常の一括払いが追加される場合もあります。負担が減らせる手段にもデメリットがあることも多いので、安易に選ばずに慎重に検討していきましょう。できるだけ信用情報を傷つけずに借り入れできる方法や債務整理をしないで済むような方法を選んで、ローンやクレジットカードを安全に利用しましょう。