留学 授業料 奨学金 任意整理

 

任意整理をしている方の奨学金返済はどうなるのか?

奨学金とは能力の高い学生に対して、修学に必要な学費を貸与するシステムのことです。一般的に、返済の必要がある貸与奨学金と、返済の必要がない給付奨学金の2種類がありますが、日本の場合、貸与型の奨学金がほとんどです。これも借金の一つになります。債務整理をしなければいけなくなった場合、任意整理では整理する対象の業者を任意で選ぶことができるので、奨学金を整理の対象から外すという方法があります。そうすれば奨学金関係で保証人に迷惑がかかることもなく、奨学金に関しての事故情報はなくすことができます。もし、奨学金を任意整理すると、支払えなかった分や金利については、保証人に請求されることになります。任意整理をする場合には、自己破産に比べると迷惑がかかる度合いも大幅に異なるため、弁護士とも相談しながら任意整理だけで済むようにしましょう。また、授業料がどうしても支払えないときには、大学側や留学側とも交渉して休学なども組み合わせていくことも考えましょう。

奨学金の制度はどうなっているのか?

奨学金の貸付を行なっている日本学生支援機構は、全国銀行協会が運営している個人信用情報機関の一つ、全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。もし奨学金の返済が3か月以上怠ってしまうなら、その個人情報が全国銀行個人信用情報センターに登録されてしまいます。そうなると、すべての金融機関が参照する信用情報機関に延滞情報が登録されてしまうので、クレジットカードの審査が通らなかったり、ローンが組めなかったりとさまざまな問題が生じてきます。しかし、親が任意整理を行なった場合は、親の個人情報が信用情報機関に登録されることになります。あくまでもそこに登録されるのは親の情報のみなので、それが理由でお子さんが奨学金を借り入れることができなくなったり、クレジットカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったりするトラブルはまず起きません。ただし、貸与奨学金を借りるときには保証人が必要となるため、親が任意整理をすると奨学金の貸与が途中で終了したり、繰り上げ返済を要求される場合があるため注意が必要です。近年は特に奨学金の問題で、返済がしきれない学生が増えているといわれており、就職難や収入難に陥っている状況も考慮して、あまり奨学金ばかりに頼らずに学費を支払うことも大切です。毎月3万円程度の奨学金ならば負担は少ないですが、毎月10万円や20万円の奨学金は返済の負担もそれだけ大きくなってしまうので、申し込みをするときにも十分計画的にしておきましょう。