短期留学 ローン おまとめローン

 

短期留学費用にローンを組むことはできるか?

子どもが海外短期留学をしたいと提案をしてきた場合、親ならその機会をできるかぎり応援してあげたいと願うものです。しかし、留学費用やその他の資金の調達のことで不安が大きく残ることでしょう。できるなら、留学費用は預貯金から出したいものですが、すでに使い道が決まっているものだったり、数百万円という授業料だったりと簡単に決められるものではありません。そのような場合、留学支援のローンを利用するのが最も安全な方法で、利用目的が明確で低金利で使えるため、利用している留学生は非常に多いです。留学費用としても使える教育ローンは、銀行や信用金庫、信用組合などの金融機関で扱っているので、近くの金融機関で取り扱っているかを調べてみてください。都道府県ごとにある地方銀行でも扱っていますが、行政機関を頼るのも効果的です。大学に入ってから留学する場合は、初めから授業料に短期留学も含まれている場合もあるため、効率的に生かしていけば留学費用の負担は少しでも減らすことができます。

留学資金なら目的別ローンもオススメ

留学をするのは学生だけでありません。社会人になってからでも短期留学をすることもできます。そんな方には、留学資金として使える目的別ローンを利用するとよいでしょう。留学することを証明できる書類などを提出する必要があり、留学先との契約書や入学証明書などのコピーが必あると手続きも楽になります。資金がある方でも、留学先でのトラブルに備えたい方はクレジットカード、あるいは自動融資のカードローンがお勧めです。この2種類のカードがあれば、いざというとき留学先でお金を借りることができます。金利が高めですが、消費者金融の金利設定と同程度の12.0%〜18.0%程度の金利で、一度でも借り入れの経験があれば難しい契約内容もありません。また、自動融資型のカードローンは銀行のカードローン商品なので、クレジットカードよりは若干低めですが、それでも12%程度の金利がつくことを覚悟しておきましょう。さらに、ローンが複数に分かれてしまって負担が大きい場合には、一時的にでもおまとめローンを頼ると返済の負担が軽くできます。留学終了後、就職する前の間だけでも頼りにできるので、おまとめローンも併用して、収入が十分得られるようになれば、一括で繰り上げ返済してしまうのも効果的です。留学関係のローンを利用する場合は、どれだけ使用しているのかきちんと管理を怠らないようにすることが大切です。