出張 旅費 ローン 請求 任意整理

 

会社の出張費の支払い方法とは?

会社の営業や業務などで、頻繁に地方へ出張へ出かけたり、海外へ出かける方も多くいることでしょう。それに伴う交通費や宿泊代など、まず個人で出張費を立て替え、あとから請求するのが一般的な方法です。会社の立場からみるとすれば、個人仮払金は個人の性格によって、清算されず半永久的に残ったりするのでやりたくないようです。しかし、会社によっては、立て替えた費用の一部しか会社から振り込まれないという場合もあるようです。多くの場合、出張者本人はクレジットカードなどで立て替えている場合が多く、うまくいけばその支払いは約2か月後にずれるので、それまでに会社から出張費が支払われるなら全く問題はありません。しかし、会社からの未払いがあるなら、カードの引き落としに対応することができません。また、長期間の出張だったり、海外などの遠距離の出張の場合の費用は金額も大きくなるので、社員や役員個人に立替払いさせるにも負担が大きくなりすぎるという問題が生じます。このような場合は、事前に出張旅費の概算額を算出し仮払いを行い、後日に正式な金額が確定後にあらためて精算する事ができるかもしれません。

出張の旅費はきちんと清算すべきもの!

旅費精算は通常戻ったらすぐ、遅くてもその月のうちに精算して、会社に請求することができるでしょう。会社の出張旅費のホテル、交通費、レンタカー代などの仮払いや出国前、帰国後のタクシーでの移動費、必要経費などトータルするなら高額になります。さらに、マイホームのローンや自動車のローンなどを抱えていたら、お給料のほとんどがクレジット会社のローン払いで終わってしまうことになるかもしれません。ですから、会社での出張費は、会社ときちんと話し合って前払いにしてもらうか、クレジットカードの引き落とし日、つまり、約2か月後ぐらいまでに会社から支払ってもらうのが一番ベストな方法ということができるでしょう。どうしても自分で立て替えて支払わなくてはならなくて、家計にも圧迫がかかるような状況なら、クレジットカードの一括払いからローンのリボ払いに変更することができるかもしれません。それにより、支払いのめどがついたなら、また、一括払いの支払い方法に変更することができるでしょう。いずれにしよ、会社の用事で出かける出張費用は会社とよく話し合うことが一番良い解決策がでることでしょう。

任意整理でなくても解決できる

会社の出張でローンを利用せざるを得なかった場合には、個人で任意整理をしなくても会社にそれらを請求することができます。交通費や食費についても弁護士とともに請求すれば信用情報を傷つけなくても済むため、任意整理を行う前に事情を弁護士に伝えておきましょう。すでに事故情報が掲載されてしまっているような場合には、会社側に慰謝料を支払う義務が生じるほか、労働基準監督署なども協力して手続きをする場合があるので、無理に自身を不利な状況に置かずに、弁護士の無料相談も活用していきましょう。