海外旅行 キャッシング 任意整理

 

海外旅行にお金が足りなくなったら現地でキャッシング。

海外旅行前に事前にお金を準備していても、急に足りなくなってしまうことは誰にでも起こりうることです。そんなときに便利なのがクレジットカードのキャッシングです。キャッシングと聞くと、あまり良いイメージがありませんが、賢く使うなら両替よりもお得になることがあります。銀行やホテルに両替に行く必要はなく、ATMさえあれば現地通貨でキャッシングすることができるのです。ほとんどのクレジットカードでキャッシングを行うことが可能ですが、海外キャッシングの利用可能枠は、カード会社によって異なりますし、利用者によっても異なってきます。ただ単純に、利用者の返済能力が高いと判断されているならば、枠は大きくなります。しかし、国内におけるキャッシングの利用可能枠と、海外におけるキャッシングの利用可能枠は、別に設定されているので利用するときには気を付けましょう。また、カードの種類によっては、海外キャッシングの利用可能枠が設定されていない場合もあるので注意が必要です。また、金利手数料も、カード会社によって異なってきますのでよく確認をする必要があります。帰国後は、借りたお金を返済することになりますが、多くのカード会社が一括払いのみのところが多いです。しかし、リボ払いに変更することができるカード会社もあります。また、また、楽天カード、オリコカード、イオンクレジットサービスはリボ払いのみの支払い方法となっています。リボ払いは、月々の負担を少額に抑えてくれますが、リボ払いを利用すると、安くはない手数料がかかってしまうので、トータルに考えたとき、とんでもない手数料を支払い、大損をしているということがよくあるので気を付けましょう。最近では、リボ払いの利用をきっかけに支払困難に陥る人が増えています。リボ払いを利用する前に、トータルで支払う手数料をよく考えるようにしましょう。

もし債務整理をしていたら、海外旅行に行けなくなるのか?

債務整理をしてもパスポートの取得は問題なく出来ますし、すでに取得したパスポートが無効になるということもありません。ですから、海外旅行に行けなくなる、ということはありません。しかし、債務整理を依頼している弁護士や司法書士、そして、お金を借りている貸金業者への印象は決して良いものではないでしょう。海外旅行に行く余裕があると思われ、任意整理の交渉が不利になってしまう可能性が高く考えられます。また、海外旅行で借り入れたキャッシングの金額くらいならば、自己破産に陥ることもほとんどありません。借りすぎてしまっても基本的には任意整理で済みますが、海外のカード会社や現地のキャッシングを利用していると非常に大きなトラブルになるうえ、海外のローン会社にも対応できる弁護士を雇う必要も出てきます。キャッシングを利用する場合には、日本のサービスで、海外でも使えるものだけにしておくと万が一のことがあっても安心です。