海外 キャッシング 支払い ローン

 

海外旅行中のキャッシングでは手数料に注意

クレジットカードのサービスの1つにある、海外キャッシングサービスを利用して、海外のATMで現地通貨を借りることができます。海外ATMの利用時の手数料は、無料のところと100〜200円(税抜き)の手数料がかかるところがあります。また、それに加え、現地の金融機関(ATMを設置した金融機関)が独自に手数料を徴収する場合もあります。つまり、ATM手数料が二重取りされる場合もあるということです。海外旅行中に借り入れたお金についてもカード会社やローン会社のシステムによって分割払いにできるため、工夫できていれば問題なく金利も低めに借り入れができますが、一括で支払う設定にしているとローンなどで支払わないといけなくなることもあります。使い込みすぎなければよいだけですが、自身の口座から引き出すのとキャッシングをするのとでは、キャッシングの方が金利や手数料がかからない場合が多いです。そのため、借りる金額が10万円から30万円という規模になる場合には、キャッシングの方が手数料が無料にできる分お得です。もちろん、返済の当てがなければ意味がないので、しっかり金銭管理をして活用しましょう。手数料とローンの利息を先に比較しておくとより安全な方を選んで使えます。

返済方式を工夫すべき

多くのクレジット会社が、一括払いのところが多いですが、リボ払いに変更できるカード会社もあります。また、楽天カード、オリコカード、イオンクレジットサービスは、リボ払いのみなので気を付けましょう。キャッシングした金額に金利手数料が約15%〜18%加算されてから返済することになるため、返済までの期間が長くなればそれだけ出費も増えてしまいます。借り方も返済の仕方も気を付けて利用して、債務整理をしなくてもよいように海外旅行でもキャッシングやカードローンを活用しましょう。