ネット料金 スマホ 支払い ローン

 

スマホ実質0円問題

クレジットカードやカードローンを申し込んでも審査に通らない場合、その新規スマホ契約が原因になっていることがあります。最近は、通常なら数万円するはずのスマホが無料「0円」で契約することができてしまいます。これは、契約時の負担を少なくするためにスマホ購入代金を分割払いにするシステムを取り入れているからです。携帯料金の明細書には「月々割」や「月割り」といった記載が書かれることが多く、結局は分割払いやローンを組んでいるのと同じです。これにより、新規にローン契約を結んだという記載が信用情報機関に登録されて、審査が厳しくなったり、ローンが利用できなくなったりする原因です。いくらスマホを安く購入できるからと言って、安易に契約を結んだり、契約を切り替えたりするのは危険です。その時のローンの状態やスマホ購入後の生活面をよく自己管理しておくことが大切です。

スマホ料金を滞納するとどうなる?

分割払いは上手に利用すれば、手軽にスマホを持つことができる便利な仕組みです。しかし、支払いを滞納するとローンを滞納したのと同じような扱いになるため、その事故情報が信用情報に登録されてしまいます。特に無料でスマホを手に入れていて2年たっていない場合には、スマートフォンの端末料金を支払いながらスマホ料金を支払っているため、延滞の扱いも厳しくなっています。もし3ヶ月以上滞納してしまうと、信用情報に「異動」というデータが登録されて、ブラックリスト入りすることになります。この情報は約5年間は残るといわれており、その期間中は、たとえ端末代金の支払いを完了したとしてもクレジットカードを作れなかったり、ローンを組めなかったりするなどのリスクを負うことになります。5年が経過しても、収入や信用情報の状態によっては新規クレジットカード契約ができない場合もあるので、安心はできません。スマートフォンの場合は特に、家族で利用している場合もあるでしょうから、事故情報が残ると家族全員でスマートフォンが使えなくなってしまう可能性もあります。スマホ料金を滞納しても、任意整理などで精算することはできますが、リスクが相当大きくなるので、スマートフォンひとつの契約でも注意してください。購入する場合は、途中からでも繰り上げで支払いできるサービスを選ぶか、
端末代金は先に全額支払うようなサービスにすると負担が減らえます。