任意整理後の生活とお金

債務整理を行うときに多い任意整理は、お金で困ってしまった場合や返済が苦しくなった時には特にぴったりな方法ですが、計画的に対応しないと債務整理がうまくいかなくなってしまったり、債務整理後の生活が不安定になってしまうこともあるので注意が必要です。
多くの場合は、弁護士と相談しながらお金の管理を進めていきますが、事前の認識が足りないと任意整理は結局苦しさでは変わらなくなってしまうので仕組みや性質なども理解した上で取り組んでいきましょう。

 

精神的な安息という意味で大きなメリット

任意整理を弁護士に依頼をすると、その直後には受任通知という書類や連絡が起こります。これは弁護士が依頼者の任意整理に入ったことを賃金業者に伝えるもので、この時点で賃金業者は依頼者に対して一切の請求も連絡も禁止されます。取り立てが厳しかった場合にはそれらも一度ストップされるため、依頼者にとっては精神的な安息という意味で大きなメリットがあります。任意整理を進めていくと金利はかからなくなり、元金の金額が算出されます。それまでは金利も合わせて支払っていたかもしれませんが、任意整理後は元金を分割払いで支払い、金利が発生しなくなるので負担は大幅に減っていきます。元金の返済は3年から5年かければよいため、それまでよりは安全で落ち着いた元金の支払いができるようになります。この時、弁護士に依頼すれば弁護士が間を取り持ってくれるので、賃金業者との連絡は一切なくなります。

 

悪質な業者に対しては弁護士とともに対応する

任意整理先が闇金だった場合には返済の必要すらないことも多く、弁護士としては訴訟をおこすと同時に警察なども一緒に動かして行くことになります。賃金業法を守らずに違法な営業をしている業者は今でも多いので、悪質な業者に対しては特にこうした弁護士とともに対応する必要があります。任意整理が手続きとして終わるのは依頼してから1ヶ月から6ヶ月程度で、任意整理が終了してから元金の支払いや弁護士費用の支払いをしていくことになります。この辞典で毎月の返済はしばらくストップしていたこともあり、生活はかなり改善され、お金の使い方などもしっかり学べているでしょう。ここからしばらくはお金を借り入れることはできないので、自身でしっかり稼いで買い物をし、クレジットカードなどの使用も控えるようにしながらお金の使い方を改めていくことになります。任意整理後は生活面はお金に余裕が出ますが、それまでのお金の使い方はよく考えなければいけないので、気をつけて任意整理に臨みましょう。