おまとめローンが危ない理由

キャッシングやカードローンを利用している多くの人が一度は検討するのが、消費者金融や銀行が提供しているおまとめローンです。これは、複数ある借入先を一つにまとめるというものですが、確かにその性質上、毎月の返済額はかなり減らせて、金利や返済手数料についても負担は大幅に減らせるものです。しかし、おまとめローンは債務整理とは少し異なり、借り換えをしているだけなので、サービスによっては負担が余計に大きくなってしまう場合もあり、十分注意が必要です。特におまとめローンは複数の借り入れを一本化するため、利用限度額が非常に大きくなります。30万円の借り入れが3件あれば最低90万円の借り入れが必要になり、利用限度額で考えれば総量規制の年収3分の1よりも大幅に金額が増えてしまいます。もちろん、借り換えローンとして利用する目的に限り、キャッシングでも総量規制の対象外になるのですが、それでも、返済額は毎月大きい金額のままなので、計画的な返済や繰り上げ返済が出来る状態にないと金利は余計に多くかかってしまう可能性があります。30万円の借入の場合、年間3万円ほどの利息が発生しますが、これが3件あれば合計で90万円となり、実質年率で言えば多少金利が下がります。そのため、年間金利は9万円を超えるか越えないか程度の金額になりますが、借入額が大きくなるために完済するまでの時間が長くかかるようになります。毎月3万円の返済であれば金利を考えても5年近くかかることになり、金利だけで40万円近くかかることもあります。返済期間が長くなればそれだけ金利の負担も大きくなり、毎月の負担も長引いていきます。合計返済金額で言えば、それぞれ別個の借り入れを一つ一つ繰り上げ返済したほうが良いため、毎月の返済がどうしても辛い場合にはおまとめローンで一本化するローンの種類や数をよく工夫するとよいでしょう。必要に応じて、弁護士などを頼って過払い金が発生していないか確認すると返済はより早く行えるようになります。プロの判断で安全に返済ができるようにし、少しでも無駄がなくなるように工夫するとよいでしょう。おまとめローンは間違ったサービスを選んでしまうと負担が余計に大きくなってしまうので、出来る限り安全な利用ができるよう弁護士にもアドバイスをもらいながら最適な債務整理を進めていく必要があります。また、おまとめローンでも最終的には過払い金が発生してしまうようなものもあるので、事前に安全な取引なのかどうか、第三者の意見として弁護士にアドバイスを貰えればより安全に借り入れや資金管理ができるでしょう。