現在の賃金業と法律

賃金業法が改正されてから、多くの人が過払い金を請求できるようになっているのは有名でしょう。実質年率は29.2%から20%に変更され、グレーゾーン金利が廃止されたこともあり、キャッシングを利用していた方やカードローンを利用していた方に払い過ぎの金利が発生していることが多くなっています。現在、実質年率は20%が最大金利で、大手の金融業者ではさらなる法改正に備えることも合って平均14%程度の金利になっています。消費者金融と言われる中小業者は、金利が平均18%となっており、大手の消費者金融に比べるとやはり金利が高いです。それでも法定金利の20%以下におさまっているので問題はありませんが、この18%の金利で返済を5年以上続けると過払い金が発生する可能性が高いので十分な対策が必要です。また、キャッシングを利用する時には総量規制という制度があり、年収の3分の1までしか借り入れできない仕組みができています。そのため、年収200万円の人は、約60万円までは借り入れができることになりますが、1社からの借り入れが30万円となった場合には、残りの30万円程度が利用できる総量規制の枠になるため、さらに追加で多く借り入れをしたい方は年収を増やすか、1社からの借り入れを増額する必要があります。この総量規制の会社によって捉え方が異なっており、それぞれの会社で年収の3分の1まで借り入れできると判断する場合もあるため、注意してキャッシングを申し込まないと年収に比べてお金を借りすぎてしまうことになり、返済の負担が大きくなってしまいます。一度借金に溺れてしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうので、法的な判断も参考にして借り入れる金額をよく考えておくようにしましょう。債務整理についても基本的には焼死者に有利な法律が多く、借りすぎてしまったり、返済が難しくなってしまったりすると、消費者は任意整理や自己破産をすることで生活再建ができるようになっています。また、過払い金についても払い過ぎたお金があっても返還請求がなければ返還しなくても良い状態になっている法的な側面もあり、詳しく賃金業法や銀行法を把握しているとお金を活用するときにかなり安心できるようになります。銀行のカードローンなどは総量規制の対象外なので、カードローンは消費者金融ではなく、銀行系のサービスに頼ると信用情報の面からもお得になるでしょう。法律をよく学んで借り入れをすれば返済でも資金調達でもより安全に行えるようになります。