信用情報と債務整理

債務整理には任意整理、過払い金返還請求、そして、個人再生、自己破産というようないくつかの種類があります。中でも一般的に行われるのは任意整理と過払い金返還請求で、過払い金については近年特に多く知られるようになっています。過払い金返還は基本的に返済終盤か完済後に行われるもので、消費者が払わなくても良かった金利を払ってしまっている場合に発生するものです。そのため、過払い金返還請求をしても信用情報に記載されることはなく、いわゆるブラックリストに載ることもありません。信用情報には延滞や不渡り、任意整理のようなお金のトラブルにまつわる情報がほぼすべて記載されます。そこで、事故情報というお金が正常に支払われなかった時の情報が記載されればこれがブラックリストと言われる状態となります。専用のリストがあるわけではなく、個人の信用情報への記載で、事故や延滞・整理が記載されているとお金を貸す側としてはリスクが大きくなるため、クレジットカードの利用を停止したり、新規のカードローンやキャッシングの利用をさせないようにします。過払い金返還は消費者が悪いことをしたわけではないので事故情報ではなく、安心して整理ができる債務整理です。それ以外の任意整理、自己破産などは信用情報に記載が残り、あまりよい記載ではない情報として残されます。短くとも5年、長ければ10年は事故情報が記載され、任意整理などの記録があるうちは新規の借り入れが難しくなります。特にクレジットカードの利用可能枠などは減額されてしまったり、利用程度状態が解かれなかったりするため、一度多くのカードを解約する必要もあります。任意整理は返済が苦しすぎるために、金利を0%にして、元金のみの支払いを分割払いで3年から5年かけてしていくという借金の整理です。負担はそれだけでかなり減りますが、業者としては金利が受け取れない状態であり、契約時のものとはかなり異なったものとなります。消費者の権利を行使したとしても消費者金融にとっては損となるため、事故情報が記載されてしまいます。自動車ローンなどであれば、車が引き上げられてしまうこともあるので、自動車ローンは債務整理の対象にしないか、一度個人の所有物にしてから手続きをするよう弁護士や司法書士に頼むとよいでしょう。信用情報や主にJICCやCICというような信用情報機関に掲載されますが、これらは個人でも情報開示をしてもらえるので心配がある場合には債務整理の前などに一度見てみるのも良いかもしれません。弁護士への相談の前に用意できれば、これも参考にでき、手続きが有利に運ばせられるかもしれません。ただし、情報開示をするとその記録も残るため、気をつけて処理する必要があり、必要に応じて弁護士と協力して記載を消去するということもよいでしょう。