弁護士と司法書士、借金相談にはどんな違いがある?

弁護士なら制限なく借金相談を扱える

弁護士と司法書士、借金相談にはどんな違いがある?

キャッシングやクレジットカードでの借金の返済を滞納して行き詰ったとき、行き詰まりそうとなったときに相談する専門家と言えば、弁護士さんと司法書士さんがいます。どちらも国家資格で借金相談から債務整理、過払い請求まで業務にすることができます。

 

ただし、目的となる総額が140万円を超える場合は司法書士には対応できません。
仮に、司法書士事務所の無料相談を受けていたとしても、140万円を超えるとわかった段階で弁護士事務所に相談してくださいと言われるか、弁護士さんを紹介しますと言われるかです。つまり、その間の時間を無駄にしてしまいかねない結果となります。
ですので、140万円を超える大きな金額のケースや、140万円以内かどうかの判断が難しい場合では弁護士事務所に相談することをおススメします。

 

なぜ、司法書士さんには金額の制限があるのかと言えば、従来の司法書士さんは登記の専門家として知られる資格職業であり、借金問題としては裁判所に提出する書類の作成面でかかわっていたものの、弁護士さんの職分である代理はできなかったのです。
多重債務問題の拡大もあって、平成15年から認定を受けた司法書士さんが代理もできるようになりましたが、簡易裁判所で扱える訴訟の範囲に限定されているのです。それが140万円です。

 

借入先のなかには、司法書士さんだと、和解せず裁判になったとしても控訴審対応ができないことから140万円以下であっても強気で臨むところがあります。しかし、弁護士さんなら地方裁判所だろうと最高裁判所だろうと限定はありません。
また、地裁になると弁護士費用も多くなるためでしょうか、早期の和解に応じる傾向があります。

 

このように、残債務や過払い額次第では弁護士でも司法書士でも債務整理、過払い請求ができますが、いろいろなケースを想定すると安心なのは弁護士に相談することです。

 

とはいえ、どの弁護士が借金問題に強いのか心当たりのある人は多くないでしょう。そこで、下の表に信頼できる弁護士事務所をまとめてみましたので、参考になさってください。

 

 

弁護士と司法書士の違いは?

弁護士と司法書士はどちらも法律に関するプロとして頼れる存在ですが、力加減で言えば弁護士の方が強いです。司法書士は法令関連の書類や手続書類の作成が得意で、弁護士は法律を駆使して企業法務や違反しないような営業をサポートしたり、裁判において少しでも有利な結果が得られるようにするのがその主な仕事です。司法書士では市役所や県庁に提出するような書類の作成を行ってくれます。離婚に必要な書類や遺産の相続、また、相続放棄なども書類が必要で、他にも裁判所に提出するような書類や交通事故の際の支援なども行ってくれます。債務整理については司法書士は1社あたり140万円までの処理が可能で、任意整理、過払い金返還請求ともに140万円を超えない範囲で頼る場合には弁護士よりも費用が少なく、気軽に頼れるのも司法書士でしょう。意外と司法書士は人数も多く、個人事務所を開いている件数も多いので弁護士よりも敷居が低く感じられるのも魅力の一つです。お金など費用は弁護士よりお得ですが、法律の知識や経験に関しては弁護士とそれほど変わらず、債務整理に関しては特に訴訟が必要になっても弁護士とやることはあまり変わらないので、司法書士でも十分能力は足りています。しかし、弁護士はやはり司法書士よりも出来る範囲が広く140万円の壁も存在しないため、複数社からの借り入れ、特に4社以上もの借り入れがある場合には賃金業法のことや過去の賃金業者の情報が多いこともあり、弁護士の方が期待できる結果は大きいです。賃金業者にとっても司法書士よりも弁護士の方が法律に強い面があったり、複数人の弁護士が所属する事務所だと訴訟になった時にも対応するのが大変になるため、弁護士がいる法律事務所を頼るのには価値があります。動くお金が大きい時には特に賃金業者も少しでも返還額を減らしてお金を守ろうとするので、弁護士の持つ交渉力や法律のスキルが重要になります。法律事務所では、スタッフが多かったり、他の事務所との連携があるところならばさらに債務芹井でも強みになります。料金の違いも、弁護士では過払い金返還請求で比較すると約10万円、司法書士事務所では5万円と半分程度の初期費用や実費で対応してもらえますが、過払い金として返還される金額が100万円を超えるような場合には弁護士に頼んだほうが返還額も多くなるでしょう。費用を多少かけてでも弁護士を頼ったほうが良い場合もあるので、どちらがよいのかはよく考えながら検討していきましょう。

  • 2015/03/25 07:11:25