債務整理とは

債務整理とはそもそもどういうもの?

債務整理とはそもそもどのようなものでしょうか。簡単にいうと、借金をしてしまった人がその借金、つまり「債務」を整理することをいいます。「借金=債務」の「整理」で債務整理ということになります。
その中で手法として、債務整理には大きくわけて4つの方法があり、任意整理自己破産個人再生特定調停というものがります。過払い請求はまた一部違って、過払い請求を行うために任意整理をしたりするという意味合いになります。

 

実際に債務整理をしようと思った際には自分が借りている各金融機関のに連絡をとったりしなければならないので、素人の人が1人で解決するのはかなりハードルが高いということになります。そういった場合には通常弁護士の方にお願いするのが一般的です。

 

弁護士の中には債務整理の代行だけを専門にやっている方もいますし、その弁護士事務所によっても費用が違ったり、過払いの場合には取り戻せる金額も変わってきたりします。
なので、依頼をする際にはまずは自分のエリアで対応してもらえるのか、弁護士に支払いはどれくらいしなければいけないのか等々をよく調べる必要があります。

 

弁護士の先生の中には成功報酬(うまくいったときにだけ報酬をする)という形で支払いを受けてくれる弁護士もいますので、自分にあった弁護士事務所を探すようにしましょう。

債務整理のメリット・デメリットってなに?

債務整理のメリット・デメリットってどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

債務整理後のデメリットはどのようなものでしょうか。一般的に債務整理をすると自分の信用情報が傷ついてしまうとか、もう借入などをすることができないというように思われている人もいると思います。一部あっている部分もありますが、全部が全部そうということでもありません。

 

 

債務整理の流れってどうやるの?

債務整理の流れはではどのようになっているのでしょうか。ただこちらは通常弁護士の方に依頼した場合弁護士の方にお願いすることになるも部分ですので自分で行う必要はないものとなります。

 

債権者へ受任通知書の発送

最初に債権者へ受任通知書を発送します。

 

もし借金で困っていた際に弁護士や司法書士に依頼した際に、弁護士などは依頼後、受任通知書(弁護士の場合は「弁護士介入通知」とも言います。)を、借金を貸した側である債権者に郵送することになります。

 

こちらは、「○○様(依頼した自分)の借金の整理については、私が受任しましたので、今後一切、本人には直接取立てしないようにお願いします。」というような内容で、簡単に言えば依頼した依頼者(自分)に代わって今後は弁護士である私が取引を行ってまいりますね、というようなお知らせになります。

 

またその際には、「借金していた依頼者の今までの取引履歴すべての開示もお願いします。」という内容も含まれており、この受任通知書を郵送することによって、債権者(借金を貸した側)は、本人に取立てや今後の一切の請求をすることができなくなるのです。

 

代理人である弁護士が利息制限法に基づいて引き直し計算

次に、債権者から取り寄せた今までの取引経過を見て、依頼した代理人である弁護士・司法書士が現在の利息制限法に基づいて引き直し計算をします。
「引き直し計算」とは、計算する時点での(現在の法律での)金利などで計算をしなおすことです。

 

こうすることによって今まで多く払ってきたであろう利息や過払い金などを再計算していくのです。

 

和解案(弁済案)の作成

次にその計算したものに合わせ、和解案(弁済案ともいう)を作成します。

 

この和解案では、現在の利息制限法に基づき計算した本当の利息との数字をもとに、多く払い過ぎてしまった借金などがあれば、それを取り返すことができるよう借金の額を減らし作成することになります。

 

ここでは、その借金の返済期間は3年の分割を提示することになります。
また同時に今までの遅延損害金やこれから発生するであろう利息などがあれば、こちらのカットも提示します。

 

今まで多く払い過ぎてしまった過払い金がある場合、この段階で返還請求をおこないます。 通常は交渉でまとまる可能性が高いのですが、相手方が聞き入れてくれないなどの交渉での返還が難しい場合は、裁判(訴訟)により,過払金返還請求をします。 

 

債権者(借金を貸した側)との交渉

 

次に弁護士・司法書士が各債権者と交渉をすることになります。弁護士・司法書士は、債権者に上記の和解案を提示し、ここで同意があると、無事和解が成立することになります。

 

その場合は、依頼者はこの和解案に基づいて返済をはじめます。(これによって借金の額は多少なりとも減額されることになります。)

 

しかし、債権者の中には和解案に当然同意しない会社などもあります。そのような時には、もう一度和解案を検討し、弁護士などが同意してくれるよう交渉することになります。

 

返済の開始

 

上記の和解案で無事に同意することができたのであれば、借金の返済の開始になります。

 

各債権者が和解案に同意した時点で、双方の意見をしっかりといれた「和解書」を作成し、交渉成立となります。
その後、返済が開始します。

 

これが債務整理の一通りの流れとなります。
しかし、実はここには業界人しか知りえない情報もありますのでこちらを見てみてください。

 

債務整理後の生活って?

ここまで債務整理のことについてたくさんみてきましたが、では実際に債務整理をした後の生活はどうなるのでしょうか。

 

債務整理といっても任意整理、自己破産、個人再生などいろいろあるということを説明しましたが、債務整理後の生活もこの中のどの債務整理をしたかによっても変わってきます。

 

一度債務整理をしてしまうとその後お金を借りる方法は少なくなる

債務整理をしてしまうと、新たな借金の契約には、さまざまな制限がされてしまうことになります。とはいえ一切借金できないとかカードローンが組めないということではないので心配する必要はありません。債務整理は一般的には金融機関等からの借金による債務を法律で認められた形で整理し、再出発するための手続きの事をさしますが、とはいえ、金融機関等から借入を行った事実は消えるということではなく残っていますので、債務整理をすることによって、その後は金融事故として扱いを受けることになります。なので、その履歴が残っている限りは新たに債務を作る(借金をする)ということは基本的には審査が通りにくくなってしまうのです。

 

⇒任意整理後にクレジットカードで100万円の増額ができた話はこちら

 

借入の審査に通る審査の緩い所を見つけるのは大変

任意整理後に新しくお金が必要になってしまって、融資を受ける場合もあると思います。しかし残念なことに任意整理後は一定の期間を経過しなければ基本的にはブラックとして即日の融資を受ける事はできなくなっています。ということは当然クレジットカードを作るということも、住宅ローンや車などのローンを組むこともできません。そういう部分では任意整理は自己破産などと同じ状況であるといえます。

 

 

  • 2015/03/07 02:41:07